2006年12月19日

ザ・ホワイトハウス S1-12 明かされた秘密 HE SHALL, FROM TIME TO TIME

 
初めて観たとき、このエピソードのラストに感動して、
このドラマが本格的に好きになりました。

レオは、
薬物依存治療の事実を認める記者会見をすることになりました。
ジェドは、今まで隠していたMS(多発性硬化症)のことを
レオに知られることになりました。
そのときに、レオは大統領のことをプレジデントではなく、
名前でジェドと呼びました。
第3シーズンまででは、
レオが大統領をジェドと呼んだのはこのときだけだと思います。

一般教書演説の間、留守番をする農務長官。
彼は、大統領にラテン語訳の合衆国憲法の本を贈りました。
機嫌をよくして、ジェドは農務長官に語ります。

「親友はいるか?」             ( 「?、はい。」 )
「彼は君より賢いか?」          ( 「はい(笑)」 )
「彼に命を預けられるか?」        ( 「...はい!」 )
「その彼こそが、君の主席補佐官だ」  ( 「!」 )

ジェドから語られたレオへの友情と信頼。
隣室で聞いていたレオ。

ドラマで、政治を舞台に、さらに政治家の友情について語る。
日本ではあまりないと思うのです。
なんていうんでしょうか、
そんなことが成立するアメリカという国に憧れてしまう、
エピソードでした。(*)
  
  
米放送  2000/01/12
日本放送 2003/01/10
記事作成 2005/09/25
  
  
"Do you have a best friend?"
"Yes, sir."
"Is he smarter than you?"
"Yes."
"Would you trust him with your life?"
"Yes."
"That's your cheif of staff."
 
 https://www.youtube.com/watch?v=lKWmlIExRAo

 https://www.google.co.jp/search?q=he+shall+from+time+to+time&rlz=1C1EJFA_enJP727JP727&source=lnms&tbm=vid&sa=X&ved=0ahUKEwiNj7fNmpzZAhWMUbwKHSljDqgQ_AUICigB&biw=958&bih=954
  
  
ーーーーー

20180211追記
(*)
今は、
矢口蘭堂と泉修一を思い出しますね・笑。
「後のことは頼む。君のキャラには助けられたよ」
「ああ、幹事長なら任しとけ」
  
 
 

posted by inattwestwingtww at 05:54| Comment(0) | ・ザ・ホワイトハウス1 The WestWing1 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください