2007年11月18日

10/21 【演劇】 喜歌劇「軍艦ピナフォア」

 
BSで深夜に放送されていました。

H.M.S._Pinafore
サリヴァン作曲。
2005年5月、メルボルン・アーツ・センター

なぜをこれを観たかというと、
第2シーズン、
ザ・ホワイトハウス2 S2-5 女たちの闘い AND IT'S SURELY TO THEIR CREDIT
でこの歌劇が話題になるからです。

同じく話題に登場する「ペンザンスの海賊」も同じ作者の歌劇なのですね。

義務感の話題に、ペンザンスの海賊のことをいう、ライオネルトリビー
エインズリーも、サムも、それはピナフォアでしょ?と訂正する。

そしてエピソードの最後に、サム、ジョシュ、CJ、トビーは、
エインズリーに対する歓迎として、この歌劇の山場の音楽をかけます。

 He's an Englishman
 For he himself has said it,
 And it's greatly to his credit

英語題名は、この歌詞からきているのですね。


劇の中身は、どうってことないものでしたが、
ドラマの中で常識問題的に取り扱われているので、
英米では誰もが知っているものなのでしょうか。
posted by inattwestwingtww at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ・ザ・ホワイトハウス2 The WestWing2 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック