2006年12月10日

ザ・ホワイトハウス S1-3 報復攻撃 A PROPORTIONAL RESPONSE

 
今まで、トビーのことをジョシュたちが「部長」と呼んでいるのを
原語ではどうなっているのかと思っていたのですが、
まんまトビーと呼んでいるのですね。
それだと日本的感覚における上下関係が出ないので、
「部長」にしているのですね。

たった一言で有能であることを示したチャーリー、
そして、30秒で、チャーリーの心服を得た大統領、
「君も手伝ってくれるか」
そんなエピソードが好きです。

米放送  1999/10/06
日本放送 2002/10/25
記事作成 2005年08月14日
posted by inattwestwingtww at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ・ザ・ホワイトハウス1 The WestWing1 | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

ザ・ホワイトハウス S1-2 非業の死 POST HOC, ERGO PROPTER HOC

 
オープニングで勝利を祝うジョシュ
あの、子供っぽく、ちょっと下品なところがいいですね。

副大統領ホインズのスタッフのうち、
男性のひとり(スティービーと呼ばれていた)は、
かつてジェドの選挙スタッフでレオに解雇された人だったように思います
女性のひとり(キャンディと呼ばれていた)は、
ジョシュがホインズのスタッフだったときに、いっしょにいた人だと思います。
(ともに、S2の最初に登場)

主席補佐官が副大統領に強い態度をとるのが、新鮮でした。

それぞれの夜を過ごしながらも、
緊急事態が起これば、午前3時に集合するスタッフたち。
怒りに軍幹部を召集する大統領、
大統領の発言に私情を感じながらも無言で従うレオ



米放送   1999/09/29
日本放送  2002/10/18
元記事作成 2005年08月06日
posted by inattwestwingtww at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ・ザ・ホワイトハウス1 The WestWing1 | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

ザ・ホワイトハウス S1-1 大統領と側近たち PILOT

 
ザ・ホワイトハウス第一シーズンのDVDを
これから順々に観ていこうと思います。

記念すべき第1回は、カメラワークなど力が入っていて、
最後に大統領が現れて、話を締めました。
威厳に満ちて、
「さあ、休暇は終わりだ」
父のようにジョシュを諭し、
「ランディンハムさん、次は?」

DVDでは、字幕で観ることにしました。
トビーの声がかぼそくて意外でしたが、
彼の神経質な一面と合っているかなとも思いました。

音声解説が面白かったです。
・レオの後ろにある機械は、トースターと呼ばれる、
 大統領や家族の居場所を15分おきに知らせるものだそうです。
・この回では、会見室のセットを作る予算がなかった
・台詞のない出演者をわざわざ背景に立たせている。
 電話をするサムの後方の部屋で会話するトビーとCJ
 サム・エド・ラリーの会話の場面の後方のドナ
 ( 広いオフィスセットを生かしてますね。
   また、出演者たちの仲間意識を高めるために
   出演シーンがなくても毎日セットに来てもらったそうです。)


米放送  1999/09/22
日本放送 2002/10/11
記事作成 2005年07月30日
posted by inattwestwingtww at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ・ザ・ホワイトハウス1 The WestWing1 | 更新情報をチェックする